About King Farm

King Farmについて

King Farmのおもい

お子さんに「安心・安全」な食材を食べてもらいたい、そんな想いを持ったお母さん達が、いちごやトマトを栽培をしています。
現在は、その食材を使用した料理のご提供(カフェ)やいちご狩りで、楽しんでいただけるようになりました!
自分たちが“本当においしい”と思ったものをお客様へお届けし、お客様に満足してもらえる”もの作り”を日々考え栽培しています。
ぜひ、ご家族やご友人とお立ち寄りください♪

King Farmとは?

設備

暑熱対策としてパッドアンドファンシステムを採用温室や畜舎の妻面や側面に取り付けパッド個々に水を滴下し、暖かい外気が湿らせたパッドを通過する時に気化冷却された空気が室内に入ります。室内を通過した空気は、パッドと反対側の壁面に設置したファン(圧力型換気扇)で排気されます。

土耕栽培

キングファームでは土での栽培にこだわっています。しっかりと光を与え、野菜が成長しやすい環境作りを行っています。

通年栽培

2つのハウスで栽培し、時期をずらすことで、
定植から収穫までの出荷が出来ない期間を無くすことに成功

統合環境制御システム

King Farmでは<統合環境制御システム>を取り入れています。
統合環境制御システムとは、ハウス内の温度環境を最新鋭システムで自動管理し、ハウス内の温度を一年中一定に保つことができます。安定した環境をつくることにより、通年栽培が可能となっています。

トマトの収穫量や品質に大きく影響しているのが、光合成です。光合成は葉から日光と二酸化炭素を取り込み、体内に糖を作り出します。逆に言うと適切なタイミングで光合成を最大化させてることができればおいしいトマトが作れるのです。

しかし、光合成を最大化させることは簡単なことではありません。季節によって日照量は変化して、それに伴って気温や湿度、二酸化炭素の量を調整し最適なハウス内の環境を作り出す必要があります。これらをアナログの操作でやると非常に手間が掛かります。

その最適なハウス内の環境を作り出すのが「統合環境システム」です。このシステムでは、事前に命令を与えておけば勝手に機械が自動調節してくれて最適な環境に調整してくれます。キングファームでは、このシステムを採用しており、高収量を安定的に実現することが可能となっています。

King Farmのトマト

大玉トマト

手に持つとしっかりとした重さを感じ、食味は肉質よく、コクがあり美味しいです。味の濃さにも着目し、トマト本来の旨さにもこだわっています。

デザートミニ

通常のトマトが糖度5~6なのに対し、
デザートミニは平均糖度8という高糖度で甘いミニトマトです。甘さと酸味のバランスが良いミニトマトです。収穫後、全てのミニトマトを糖度選果機にて糖度を測って出荷をしています。

King Farmのいちご

大きくつやつやのいちごが採れるのが自慢です♪
・紅ほっぺ
・章姫
・よつぼし
※日によって全ての品種が揃わない日もございます。